子宮筋腫・内膜症

子宮筋腫・内膜症

◆子宮筋腫 40歳 女性 Aさん

吉報源を摂取する前の子宮筋腫は、男の人の頭くらいの大きさでした。その他、過換気性症候群があり、めまいやたまにパニック状態に陥ってしまい、道端で他人をどなりつけたりしていた。重度の肩凝りもお持ちでした。

3ヶ月ほどで、過換気性症候群の症状は落ち着いてきて、体調も整ってきたようです。

半年後に子宮筋腫の大きさを検査したところ、3.7cmに縮小していました。その間に生活を変えた部分は吉報源を食べ始めたことだけなので、ご主人とお二人で「KIPPOの力に違いない。」と喜びを分かち合ったそうです。

◆生理痛、手足の冷え、月経前症候群 30代 女性

28才の時に手足の冷え、新陳代謝の低下、月経前の「イライラ、ニキビ、腹痛、体重の2kg増加」、毎月、風邪をひく、月経前ごろにのどが腫れて37℃くらいの微熱が出るなど。まず、1箱試して、便秘と手足の冷えが改善される。2箱を終えた頃には、54kgあった体重が、50.8kg、体脂肪は、25%から17%へ減少する。

太りだしたのは、5才ごろからで、高校2年生までは83kg。社会に出て、肥満が原因でいじめに遭い、ノイローゼで眠れない、食事が出来ない日々が続き、83kgあった体重が一気に39kgまで痩せる。その後も、太るとまたいじめられるとの思いから体重計とお友達の状態が続く。体質のせいか、食べなければ現状維持、少し食べるとすぐ太る、ご本人様いわくの「ヨーヨーダイエット」のリバウンドで苦しむ。いったり来たりを繰り返して4年くらいかけて普通のレベルになる。

吉報源を摂取後、あまりに順調なので3ヶ月ほど休止する。すると生理痛がひどくなり、立っていられないほどになってしまった。その間は、生理痛対策の為に、他の方法をお試しになっていた。急いで吉報源を1箱購入。購入後直ぐに一包お召し上がりになり、その2時間後には、痛みがひいて、仕事が出来るようになる。その後は順調に1日1包のペースで継続。ある時、手の甲に無数のイボが発生。イボは、科学が進んだ現代でも未だにその発生原因は不明だそうです。病院で漢方を処方してもらったが、数ヶ月間、一向に快方に向かわない。吉報源の量を一日に3包に増やした結果、一ヶ月後にはイボは奇麗に改善される。

一つの貴重な実験。ダイエットのために全く肉類を食べなかったが、吉報源と一緒に、1日に150グラムの豚肉を食べる。それまでは、一ヶ月間に髪の毛の伸びは1cmくらいでしたが、2cm伸びる。吉報源だけの場合1.5cmくらいで、やはり、アミノ酸バランスの優れた食品を一日に150グラムほどお召し上がりになることが重要ということが示された。

◆激しい生理痛、生理不順(25日~45日)31才 女性

出血に塊が出る事も多い。吉報源開始後、2回目の生理より生理痛激減。その後、周期も30日に一定し、出血の際に塊も大変少なくなる。

◆生理不順 女性 23才

高校に入学以来、1年に1~2回しか生理がこない。顔面一面にニキビのような、赤く、ジメジメした発疹あり。開始から1ヶ月半後に生理が来る。以降は、1~2ヶ月に1度の割合で、年間通算7回の生理が来る。顔面の発疹も徐々に減り、赤味もとれる。年間を通じて、風邪をひかない。