腎臓の病気

腎臓の病気

◆ 慢性腎炎 20代 女性

産後急に慢性腎炎になり、いつも疲れやすく足がむくみ、尿検査では蛋白、潜血が(3+)でした。どんなに食事を気にしても、休息を取っても(2+)までにしかならなかったので、病院で出された薬を飲んで見ましたが、副作用の頭痛がひどいのでやめました。

この状態のまま3年半位経った頃、キッポーを飲みはじめました。2週間目になると顔色が良くなったなどと言われる様になり、自分でも寝起きの良さを実感できました。2ヵ月後、健康診断があり、(2+)位になっているかなと思いながら結果を見ました。蛋白、潜血ともに(-)になっていました。初めての(-)にキッポーの凄さを実感しています。

有難うございました。

◆ Iga腎症 20代 女性

吉報源を試す前、一日の尿蛋白量は2グラム、吉報源を2箱摂取後は、0.6グラムに減少していた。妊娠中だったため、医薬品の利用は不可能であった。

◆ ネフローゼ・糖尿病・高血圧 44才 男性

Hba1c 血圧 尿たんぱく 体重
1997年4月 10.8 150以上 300以上 100kg以上
10月 7 140以下 85kg
12月 6.8
1998年9月 6 140以下 30 83kg
11月 5.9 0
1999年1月 5.7 80kg
2000年8月 5.7 135/80 0 75kg
1997年4月
Hba1c値は10.8、血圧150以上、尿たんぱく300以上。
1997年10月
Hba1c値は7.0迄下降。100kg以上あった体重は、85kgに減少。何を行っても150以下に下がらなかった血圧が140以下になる。肩凝りも無くなった。医師からも「インスリンの出が良くなっている。」とのコメント。
1997年12月
血糖値110前後、Hba1c値は6.8。医師より飲酒の許可が出た。
1998年9月
Hba1c値6.0、血圧140以下、体重83kg、尿たんぱく30、コレステロール210
1998年11月
Hba1c値 5.9、尿たんぱく0 「食事制限1600kcalから1800kcalへ増やしてもよい。」と医師の許可。
1999年1月
Hba1c値 5.7、体重80kg
2000年8月
Hba1c値 5.7、血圧135/80、体重75kg、尿たんぱく0